蟹料理のフルコースってどんなもの?

かに好きには待ち遠しい、11月6日の松葉かに漁の解禁日。解禁日からは日本海側の民宿や旅館にて、自慢のかに料理が提供開始されます。このページでは、焼きがに、かに刺しなど定番のかに料理から、少しかわったかに料理まで、様々なかに料理を紹介させて頂きます。

同じかに料理でも、宿泊施設等によって彩りも様々なことが確認できるかと思います。今年のかに宿探し(宿泊予約・お食事予約・宴会予約・団体予約)はお早めにどうぞ。

かに刺し 蟹の鮮度と料理人の技が問われる

山陰産の新鮮な活蟹を使った「かに刺し」は、殻から身がなかなか剥がれないことで有名です。それに比べ、よく殻からスポッと身が抜けるのは一般的に北洋産ズワイガニのように一度冷凍処理がされています。予算に余裕があれば、一度は山陰産ブランド蟹(活蟹)の蟹刺しをお試しください。松葉蟹間人蟹津居山蟹の蟹刺しは最高です。


焼き蟹 殻と味噌の焼ける芳ばしい香り

焼き蟹は、日本人が大好きな蟹料理のひとつではないでしょうか?中でも一番美味しいのが甲羅焼きという人も多い筈です。但し甲羅焼きは安い蟹料理コースには含まれていない場合もあるので、よく調べてから予約して下さい。炭火焼や陶板焼き、蒸し焼きなど焼き方は様々です。


湯で蟹 丸ごと一杯(一匹)食べる贅沢

湯で蟹(ボイルガニ)は、蟹を一番美味しく食べれる食べ方という人も多い定番の調理法です。特に活蟹は、適度な塩加減による絶妙な湯で技術により驚くほど美味しく食べられます。お歳暮などで贈られても非常に嬉しく食べやすいのが茹で蟹です。より旨い湯で蟹を求めて、蟹好きの旅は一生続いていきます。


かに天婦羅 天麩羅衣+かに足は相性抜群

安いズワイガニなどをなるべく美味しく食べたい人には、この天婦羅(てんぷら)が最適です。揚げたて&熱々のカニ天婦羅は、天婦羅衣と身の相性が素晴らしく、何本でも食べられます。衣をサクサクにするのも良し、しっとりとした衣にするのも良しで、とてもお勧めの食べ方です。


かにすき  蟹の旨みが溶け出したスープ

かにすき(かに鍋)は、蟹足をしゃぶしゃぶで楽しんでから、蟹と野菜を入れて鍋を数回楽しんだ後、最後に蟹雑炊で締めるというのが蟹フルコースの定番です。やはりダシや調味料が店舗によって異なる為、味にはかなり差が出ます。いつも家庭で使用してる出汁でも、具材に蟹味噌が入ることで驚く程美味しくなる場合があります。鍋にする場合は、肩売りのズワイガニじゃなく、姿のものを選んで解体した方が味噌も入っていて格段に美味しくなります。


セコガニ 松葉かにの雌蟹は極めて美味

山陰ズワイガニ漁の解禁日11月6日から、年末までの短い期間しか水揚げできないズワイガニの雌「セコガニ」は、セイコガニ、香箱蟹、コッペガニとも呼ばれ、サイズは極めて小さいですが、内子・外子と呼ばれる卵と濃厚な味噌が病み付きになる究極の蟹です。まだの方は今年こそお試し下さい。


様変わりしていく蟹フルコース

かにフルコースは、宿泊施設(旅館・民宿・ペンション)やお食事処によって、その内容は様々です。かに刺し、かにすき、焼きがに、湯でがに(ボイルガニ)が一般的ですが、せこ蟹(松葉かにの雌蟹)や生かに味噌などの料理がついたものまで様々です。

山陰産ズワイガニも、輸入される北洋産ズワイガニも、年々仕入れ価格が上昇しているので、それに合わせて蟹フルコース料理の料金も上昇しています。宿によっては蟹料理の品数を減らし、冬の地魚などを上手く組み合わせた蟹中心の料理プランに変化させていくことで、以前に比べ宿ごとの料理の個性が出やすくなっています。

宿泊施設・お食事処の掲載プランには、カニフルコースに含まれるかに料理の内容も明記されていますので、お好みのカニフルコースを見つけて、なるべくお早めに予約窓口より予約下さい。かに旅行の予約が間際になってしまい、泊まりたかったかに宿に泊まれないことは、非常に悲しいことです。