かに料理の宿

かに解禁日11月6日★丹後/若狭/越前のかに料理の宿泊予約/日帰り蟹旅行

11月6日より、いよいよ山陰・若狭・越前の松葉かに漁(ずわいがに漁)が解禁です。「かに料理宿」「かに旅行」「かにツアー」の為に、少しでも美味しいかに料理の食べれる宿を探すのも何かと手間のかかるものです。かに料理なら「日本海ドットコム」にお任せ下さい。予算度外視の極上かに料理フルコースから・リーズナブルだけど旨いかに料理・かに昼食まで、豊富なラインナップの中から、お好みのかにプランをお選び下さい。


山陰・越前のズワイガニ漁場と主要漁港



兵庫県【但馬】香住 城之崎 柴山 津居山

兵庫県北部(但馬地方:たじまちほう)の松葉かに(ズワイガニ)といえば、香住港(かすみこう)、津居山港(ついやまこう)などが有名。香住港や津居山港は、かに漁船も多い為、松葉かにの水揚げ量が多いのが特徴。津居山港で水揚げされた松葉かには「津居山かに」と呼ばれ、津居山かにの腕には、津居山港産を証明する「プラスチックタグ」が付与される。また香住港では、紅ずわいがにが有名。香住港で水揚げされた紅ずわいがには「香住蟹 かすみがに」と呼ばれる。津居山かにや香住かには、地元の民宿・旅館や城之崎、お隣の京都府北部(丹後半島)など、幅広く利用されている。


京都府【丹後半島】久美浜、浜詰(夕日ヶ浦)、網野(浅茂川)、間人

京都府北部の丹後半島(たんごはんとう)は、かに料理の食べれる宿泊施設(民宿・旅館)が多数点在している地域である。浅茂川港(京丹後市網野町)と間人港(京丹後市丹後町)にて、良質な松葉かにが水揚げされる。日帰り操業による良質な松葉かに(間人かに)は、その品質の高さが全国的に有名。これらの地蟹には津居山かに同様、プラスチックタグが付けられる。丹後半島でのかに料理といえば、久美浜湾と日本海に挟まれた小天橋(久美浜町 湊宮)、浜詰(夕日ヶ浦温泉)、網野(あみの)、三津(網野町)、間人(たいざ:丹後町)、宇川(うかわ:丹後町)など、選択肢も非常に幅広い。また丹後半島に東側には、日本三景「天橋立 あまのはしだて」で有名な宮津市があり、宮津・天橋立も旨いかに料理を食べさせる宿が点在する。


福井県(嶺南)【若狭】高浜 美浜 三方 敦賀

福井県の嶺南(れいなん)地方は、若狭湾に面し、福井県と京都府から良質な松葉かにを仕入れることができる。この地域の宿泊施設には民宿が非常に多く、良心的な価格でかに料理を提供してくれる。かに料理といえば、家族総額となると結構な料金となる。大人数や団体でのかに旅行には、やはり民宿も候補となるので、是非この嶺南地区もチェックして頂きたい。


福井県(嶺北)【越前】越前町 あわら

福井県の嶺北(れいほく)地方は、日本海と若狭湾に面した起伏に富んだ海岸線が素晴らしい地域。ここ越前のかに料理といえば、やはり腕に黄色いタグの付いた「越前かに えちぜんかに」です。嶺南に比べ旅館なども多いため予算は高めとなるが、港からの近さにより、鮮度の素晴らしい越前かにが食べれるのだから仕方ない。越前かには「皇室献上」も行われるほど、日本を代表する松葉かにの代名詞となっています。


間人蟹の初競りの様子(2016年11月かに漁解禁日の間人港)
[動画] カニ初セリ(2016間人港)琴引澄海みなと荘 [産地直送関連動画] 松葉かに解禁間人蟹解禁(2015)セコガニ解体新書丹後ひもの屋千翔魚政大幸商店
※過去動画の特典/内容は現商品と異なる場合ありますのでご注意下さい。
日本海ドットコムの各種かに特集もお見逃し無く、カニ旅行/カニの産地直送なら日本海へ

かに料理の宿の御利用について

 かに料理の宿からの宿泊予約・お食事予約・問い合わせは、全てインターネット宿泊予約サイト「日本海トラベル」のページより行われます。掲載宿への予約やお問い合わせの際には、日本海トラベルのサイト規約などをよくお読み頂き、お目当てのかに宿への予約やお問い合わせを行って下さい。掲載プランには日本海トラベル上からインターネット予約すると適応となる特典付きプランがございます。電話予約では適応外となる場合がございますのでご注意下さい。

Copyright (C) かに料理の宿 by 日本海トラベル. All Rights Reserved.
掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載・複製・加工を固く禁じます