越前蟹とは?

越前ガニ(ズワイガニ)は、冬の越前海岸で最も人気のある味覚です。越前ガニは、11月6日の越前ガニ解禁日より3月下旬まで、越前海岸にある主要港に水揚げされます。越前ガニは全国的な知名度も高く、黄色いプラスチックタグが腕についているのが特徴です。


島根県、鳥取県、兵庫県、京都府などの山陰では、主に松葉ガニと呼ばれますが、福井県では「越前ガニ」と呼ばれます。

よく越前ガニの方が美味しいとか、丹後の間人ガニ(たいざがに)の方が美味しいとかの意見がありますが、どちらも同じ種類のズワイガニですので甲乙はつけれません。むしろ水揚げされた港での漁業関係者のかにの扱いや、セリ時間、仲買人のかにの扱い、かにの保存状態(水槽の大きさ・温度管理など)が、高鮮度で高品質な「良いズワイガニ」を生み出すポイントではないのでしょうか。

越前ガニの食べれる宿

越前ガニといえば、やはり地元福井県まで行って食べるのが一番オススメです。越前ガニの黄色いプラスチックタグを求めて、名古屋、京都、岐阜、大阪、関東、東京などから、毎年多くのカニ好きが福井県に足を運びます。

但し新鮮な「越前ガニ」だからといっても、調理方法やオリジナルのダシなどによって、食べた印象は大きくかわるはずです。越前ガニを含め、松葉ガニ料理の美味しい宿を探すなら、やはり地道に毎年いろいろな旅館・民宿などを渡り歩くことしかありません。

かに通の知人から良い宿を紹介してもらったけど、自分はそんなに美味しいとは感じなかったなどの経験はございませんか。「食べ物」には好き好きがあり100点がない世界です。少しずつ情報収集をしながら、越前(福井県)や山陰のかに宿を探すしかありません。

越前ガニのお取り寄せ(通販)

かに料理の宿では、現在、越前ガニの通信販売は扱っておりませんが、基本的に山陰の松葉がにや間人がにと同じものと考えています。ちなみに越前蟹の雌は香箱蟹(コウバコガニ)と呼ばれますが、これは山陰のセコガニ、親蟹と同じです。



価格は越前がにより山陰産のものの方が比較的安く、お求めやすくなっています。松葉がに津居山がに親蟹などで価格を参考にして比較してみて下さい。


新鮮なブランド蟹の通販

山陰ブランド蟹の産地直送・通販なら日本海ショッピング

山陰ブランド蟹を通販でお求めなら、2000年からインターネット産地直送を手掛ける日本海ショッピングにお任せ下さい。

山陰の京都府、兵庫県、鳥取県でとれた松葉蟹間人蟹津居山蟹などのブランド蟹も多数取り揃えています。蟹解禁日直後のズワイガニの雌(セコガニ)の通販でも、毎年多くの産地直送実績を誇ります。

また輸入ズワイガニのキロ単位の販売や、2月にピークを迎える若松葉蟹など、様々なズワイガニを幅広く取り揃えています。