松葉ガニとは?

松葉ガニとは、山陰・日本海側(島根県、鳥取県、兵庫県、京都府)で水揚げされた「ズワイガニ」の総称です。関西の人は「松葉ガニ」、関東の人は「ズワイガニ」と呼ぶことが多いようです。

日本はこの松葉ガニ(ズワイガニ)の大消費国であり、「冬=かに=高級食材」というイメージがすっかり定着しています。とはいえ現在、「松葉ガニ」や「ズワイガニ」といった呼び方はかなり混乱しており、山陰では「間人ガニ」「津居山ガニ」、越前では「越前ガニ」などと、その地域でとれたズワイガニだけに「地域名」をつけて、独自のブランド化を計っています。


山陰でとれた「松葉ガニ」では、年々、港によっては松葉ガニ(ズワイガニ)に独自のタグや印(その地域で水揚げされたことを証明するもの)を付けるのが増えています。本来「松葉ガニ」とは山陰で水揚げされたズワイガニを指しますので、かに料理の宿では、「松葉ガニ=山陰のズワイガニ」、「越前ガニ=越前・福井県のズワイガニ」、「ズワイガニ=北海道+海外輸入されたズワイガニ」と区別しております。


松葉ガニ 山陰でとれたズワイガニ


隠岐松葉ガニ 島根県の隠岐諸島(おきしょとう)近海でとれたズワイガニの中でも一定品質・大きさ以上のものを「隠岐松葉ガニ」と呼びます。隠岐松葉ガニには、青地のタグがついています。

鳥取松葉ガニ 鳥取県で水揚げされたズワイガニを鳥取松葉ガニと呼びます。鳥取県は松葉ガニ(ズワイガニ)の水揚げが多いのが特徴です。鳥取松葉ガニのタグは、白地に赤色です。

津居山ガニ 兵庫県の津居山港で水揚げされたズワイガニを津居山ガニと呼びます。兵庫県の漁船は隠岐近海(島根〜鳥取)と丹後沖(京都)の2つの漁場でズワイガニ漁を行います。津居山港は兵庫県の東部にあたるので丹後沖(京都)側のズワイガニ漁場に向かいます。この津居山港に持ち帰ったズワイガニを「津居山ガニ」と名付け、青色のプラスチックタグをつけます。

間人ガニ 京都北部の丹後半島にある間人(たいざ)港で水揚げされるズワイガニを間人ガニ(たいざがに)と呼びます。山陰では一番有名な松葉ガニのひとつです。丸い緑色のタグに「間人ガニ」と刻まれます。


越前ガニ 越前海岸でとれたズワイガニ


福井県の越前海岸周辺の港で水揚げされたズワイガニを越前ガニと呼びます。知名度は日本一といって過言ではありません。黄色いタグが付き、皇室献上されたズワイガニとしても有名です。


ズワイガニ 北海道産、輸入(ロシア・カナダ産)


北海道の近海やカナダ、ロシア、アラスカ、ベーリング海、北朝鮮、韓国などの海外から輸入されたズワイガニは、そのままズワイガニと呼びます。山陰や越前ガニの価格に比べ格段に安いので、予算控えめで美味しいズワイガニを食べるにはおすすめです。


新鮮なブランド蟹の通販

山陰ブランド蟹の産地直送・通販なら日本海ショッピング

山陰ブランド蟹を通販でお求めなら、2000年からインターネット産地直送を手掛ける日本海ショッピングにお任せ下さい。

山陰の京都府、兵庫県、鳥取県でとれた松葉蟹間人蟹津居山蟹などのブランド蟹も多数取り揃えています。蟹解禁日直後のズワイガニの雌(セコガニ)の通販でも、毎年多くの産地直送実績を誇ります。

また輸入ズワイガニのキロ単位の販売や、2月にピークを迎える若松葉蟹など、様々なズワイガニを幅広く取り揃えています。