親蟹(おやがに)とは?

親ガニとは、ズワイガニの雌蟹のことです。地域により、セコガニ、セイコガニ(勢子蟹)、コウバコガニ(香箱蟹)、コッペガニなどとも呼ばれます。雄のズワイガニに比べ大きさや甲羅のサイズも小さく、一目で親ガニとわかる程その小ささは歴然です。


親ガニは、雄のズワイガニと同じで、かに解禁日(11月6日)より水揚げされますが、資源保護にて禁漁期間が厳しい為、年末の12月31日頃までしか捕ることができなくなりました。つまり親ガニは、1月1日頃〜11月5日までは禁漁期間となり、11月6日〜年末までの約2ヶ月弱しか水揚げされないこととなります。


最高の珍味、内子・外子

親ガニの最大の魅力は、体内にある卵巣「内子」と、お腹の房にある「外子」です。内子(卵巣)は見事なオレンジ色をしており、歯応えがあり非常に濃厚な味をしています。

外子(お腹の房の子)は、卵の成熟度によって色が変化します。11月6日の解禁直後はオレンジ色に近く明るい色をしており、12月下旬になると黒色に近くなっていきます。


外子はプチプチとした食感がウリで、醤油などを少しだけつけて食べるのが格別。ただし1月の黒色に近くなった外子は、解禁時に比べ食感も落ちるので、親ガニの外子が好きな人は極力11月〜12月上旬あたりを狙って食べるようにしましょう。

親がにを産地直送でお取り寄せ

親ガニを自宅で食べたりされる方は、日本海ショッピングのセコガニ産地直送コーナーで、お好みの親ガニをお探しください。どの産地直送店も基本的に、親ガニを茹でて出荷しますので、到着後、そのまま食べられることが好評です。またかにが好きな知人・友人へのお歳暮(贈り物)としても評判が高いですので、お歳暮などでの利用もおすすめです。

通販商品でお得用や落ちという表現の親蟹は、見た目に少し難があるような蟹です。味に問題はございませんので、ご自宅で食べられる際には、このようなお徳用の親ガニの方がリーズナブルでお得です。


新鮮なブランド蟹の通販

山陰ブランド蟹の産地直送・通販なら日本海ショッピング

山陰ブランド蟹を通販でお求めなら、2000年からインターネット産地直送を手掛ける日本海ショッピングにお任せ下さい。

山陰の京都府、兵庫県、鳥取県でとれた松葉蟹間人蟹津居山蟹などのブランド蟹も多数取り揃えています。蟹解禁日直後のズワイガニの雌(セコガニ)の通販でも、毎年多くの産地直送実績を誇ります。

また輸入ズワイガニのキロ単位の販売や、2月にピークを迎える若松葉蟹など、様々なズワイガニを幅広く取り揃えています。